FC2ブログ
-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-25 16:09

至福の時間!?

laqua.jpg
こんにちは表参道HAKUデンタルクリニックの白です。
↑の写真皆さんご存じでしょうか? そう東京ドームシティの天然温泉ラクーアです。
先日、京都から友人が遊びに来て二人でラクーアに行ってきました。

友人といっても以前、当クリニックに勤務していた京都のカミタニ歯科の神谷先生。
研修会参加のため東京に来て、久しぶりに会うことになりました。

「じゃあ、温泉行こうか!」っということでラクーアで待ち合わせ。
東京のど真ん中で天然温泉に入れるってすごいですよね。

二人で会うのは久しぶりだったので、3時まで(夜中)話し込んでました。
神谷先生は年も近いので、仕事の話から家族の話までいろいろ相談できる、良き友人で、仕事のうえでも良きライバルでもあります。

昔から通っていただいている患者さんは、神谷先生のことを知っている方も多いとおもいます。
彼とは、表参道HAKUデンタルクリニックの前身である渋谷・松濤の「トゥースラブドデンタルクリニック」の立ち上げ時期から一緒に仕事していて、「一緒に歯科医院の新しいカタチをつくろう!」と奮闘していました。

当時の思い出話をしている中で彼が言いました。
「あの頃、白先生と一緒に仕事をしていなかったら一人の患者さんに来院してもらえる大切さに気づかなかったです。」と。
以前、彼が勤めていた歯科医院はある地方の町歯医者さんで、黙ってても患者さんがたくさん来ていただけるところでした。日々の診療のなかで一人の患者さんにきていただける努力よりも、一日に一人でも多くの患者さんを診る努力をしていました。

いま、都心部の歯科医院はコンビニより多いといわれています。
歯科医院は選ばれる時代になっているといっていいでしょう。
当時、僕たちは来ていただいた全ての患者んさんに必ず満足していただける歯科医院作りを目指しました。

いままで歯科医院といえば、痛くなったり・なにか困らないとなかなか行かないものですよね。
結局、多くの人が繰り返しの治療を受けているわけです。
痛くなったら直して、また痛くなったら直して・・・。
これではいつまでたっても歯の健康維持は難しいですね。

どうしてそんなにむし歯や歯周病になったのか? 適切な治療方法は? 歯の健康を継続して維持するための予防プランは? 
歯の病態は一人ひとり異なり、個々にあった診査・診断、治療計画、予防プログラムが重要となります。

僕らがずっと続けていることですが、来院していただいた患者さんのほとんどの方に対してレントゲン写真・歯周病の精密検査・口腔内写真を初診の記録としてとらせていただいています。
そしてそのデータをもとに一人ひとりとカウンセリングをします。
ほとんど方がいままで、歯の治療だけを行い、自分の口の中がどのような状態になっているか客観的にみることはなかったので「こんなふうになっているんだ!」と驚く方もおおくいます。

今回、神谷先生に会って話しを聞くといまでもこのスタイルを守ってがんばっているとのことです。
向かいあってじっくりお話をすることで、いままで全然歯に感心がなかった方も意識がかわりずっと継続して定期的なメインテンスに通っていただいている方もたくさんいらっしゃいます。

こうやって神谷先生のような先生が一人でも多く、歯科界で頑張ってもらえると僕もうれしいものです。
神谷先生、これからも情熱歯科医一期生がんばってくださいねー!

ラクーアは連休中日で空いてるかとおもいきや、混んでまして二人で雑魚寝でした。
癒されたのか、疲れたのかの楽しいひとときでした。

category: 情熱歯科日記 |  ▲Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。