FC2ブログ
2011-12-22 07:09

「考えることは、感じること。」

ほぼ日

「考えることは、感じること。」
これは糸井重里さんの言葉です。
糸井重里さんと言えば、僕の世代ではコピーライターをイメージしますよね。
かなり古い話になりますが、ミノルタの「いまのキミはピカピカに光って」や日産の「くう、ねる、あそぶ」など。子供ながらに耳に残っているフレーズです。
そんな糸井さんが最近、「できることをしよう。ぼくらが震災後に考えたこと。」という本を出しました。
これは糸井さんがやっているインターネットでのメディア「ほぼ日刊イトイ新聞」で書かれたものを一冊の本にまとめたものです。
この「ほぼ日」のなかで糸井さんは「今日のダーリン」というエッセイを毎日書いているのですが、3月11日の震災以降、独自の見解で様々な意見・情報を発信していました。
そして11月1日には被災地の復興を掲げて初めての支店となる「気仙沼のほぼ日」を宮城県の気仙沼に立ち上げました。
前回にお伝えしましたが、僕は11月に宮城県の雄勝町に行ってきました。
11月に「気仙沼のほぼ日」ができたのを知りせっかくだから気仙沼まで足を運ぼうとおもい、「ほぼ日」のオフィスと連絡をとってみました。
すると担当のナカバヤシさんからご丁寧に返事をいただくことができました。残念ながらまだ立ち上げたばかりということで、人を招くことはできないということでしたがいずれみんなが集まれるような場所にしたいというものでした。
そんな「気仙沼のほぼ日」ではナカバヤシさんの現地での人とのふれあいや被災地の現状を伝えるレポートなどを見ることができます。
その中でナカバヤシさんが糸井さんの言葉を借りて言っていたことが「考えることは、感じること」。
「震災のあと、これからどうしていけばいいかを全部わかったという人は、たぶんいないと思うのです。でも、これからのことを、少しでもわかりたいと思ったり、考えたいと思っている人は、現地に足を運んで、感じること、それが、考えるきっかけになるのでは、と思います。」
僕はこれを読んで、本当にそのと通りだなとおもいました。
この「気仙沼のほぼ日」のレポートはとてもいいです。なにが良いって、内容がとても前向きで明るい。
これを読んだら、いつか気仙沼に行きたいねって思わせてくれます。
被災地・東北との関わり方って難しいっておもいます。
人それぞれキョリ間の違いを感じます。
いろんな人がいろんなな思いをもっています。
ちょっとでも東北が気になる人は「気仙沼のほぼ日」を見てみてください。
「できることをしよう。ぼくらが震災後に考えたこと。」も読んでみてください。
とてもいい話、たくさん載っています。


気仙沼のほぼ日は⇒こちら

ほぼ日刊イトイ新聞は⇒こちら

東日本大震災のこと。「ほぼ日」はこう考えました。⇒こちら

「できることをしよう。」の購入は⇒こちら
category: 復興支援 |  ▲Pagetop